先輩たちのメッセージ

  1. HOME
  2. 採用情報
  3. [営業]田口 欣人(よしと)

本社営業部 営業1課 主任/田口 欣人

仕事風景01

お客様の喜んでもらえることが、最高の報酬。

私は、4年間の製造経験を経て、営業に移りました。現場で製造の経験をしたことで、セールスエンジニアとしての機械知識と技術を身に付け、セールストークに生かしています。担当エリアは静岡と四国4県。ずいぶん広いと思うでしょうが、包装機械を必要としているメーカーに絞って提案をしかける営業なので意外と大丈夫ですね。ただし、提案の仕方で売上は大きく変わってきます。静岡のとあるメーカーの話ですが、ここはパッケージの形状に興味を持ってもらってうまく受注できた事例ですね。商品を入れるのにチャック付のスタンドパウチを提案したところ、その形が気に入ってもらい、包装機を買っていただくことになったのです。もちろんいつも仕事の話ばかりしているわけではありません。多くはご当地名物やスポーツなどの世間話。そんな中から、現状の生産課題や、新しい商品の情報がいただけるものなんです。


仕事風景02営業活動をしていく中で、ゼネラルパッカーは有利だなと感じることはいくつかあります。一つは、食品や製薬といった分野での知名度が非常に高いことです。99%知られていると言ってもいいでしょう。もう一つは、ゼネラルパッカー製機械のほとんどがメカ駆動になっているため、非常に壊れにくいことです。信頼性が高いことで知られていて、これが営業活動にとって追い風になります。とはいえ、営業の基本はやはりお客様の課題解決にどれだけ貢献できるかです。それは必ずしも包装機を買っていただくことだけを意味しません。既存の包装機が不具合を起こした時には、不具合の原因をいち早く掴み、的確なアドバイスをしたり、包装設備についてトータルで改善提案を行うことも営業の仕事です。


仕事風景03大切なことは、お客様の課題を解決し、喜んでいただくことであって、包装機を販売すること自体ではない……常にそういった意識で営業に取り組んでいます。「あなたに薦められて買って良かったよ」「あなたの提案が役立ったよ」と言ってもらえること。これこそ何ものにも勝る、最高の報酬ですね。

このページのトップへ

  • よくわかる、ゼネラルパッカー物語
  • 高機能自動包装機開発ストーリー
  • 新卒採用情報
  • キャリア採用情報
  • 採用情報FAQ