GENERAL PACKER

採用情報

先輩インタビュー

若山 裕貴

若山 裕貴

WAKAYAMA HIROKI

開発部 企画開発課
2013年入社

若手でも1台の包装機の設計を任せてもらえるので面白いです。

開発部は新機種に携わることや、お客様の要望を形にする仕事をしています。その中で私は制御盤の図面を描いたり、電気機器の選定をしたり、制御プログラムの作成を担当しており、担当する機種ごとに新しい挑戦があり飽きません。

大学時代は、プラズマを用いた金属の表面処理について研究をしていました。1つ1つの実験が長かったので、粘り強く仕事ができるようになったことは今の仕事に活きていると感じます。

初めてプログラムを作成して思い通りに動作した時の達成感は忘れられません。

自分が設計した制御盤が形と目で見える形でできあがったときに、設計したという実感を味わいました。初めてサーボモータを使った装置のプログラムを作成し、思い通りに動作した時、「仕事が面白い」と感じました。
開発は、決まった手順がある仕事ではなく、新たな発想や閃きが大切なため、根詰めすぎないようにリフレッシュしながら仕事をしています。その面で、社内の人間関係がいいところは凄く助かっています。

今の課題は、納入先での調整で海外に行く機会が多い為、海外のお客様とも直接コミュニケーションを取れるようになることです。また、もっと機械知識を身につけ、商品のすべてを理解し困ったときに頼られる存在になりたいです。

就職学生へのメッセージ

商品が世に出るまでは苦労することが多々ありますが、食品関係の仕事が多い為、自分が携わった機械で生産された商品を見る機会が多く、達成感が味わえます。
また、開発の過程で自分の意見を多く取り入れてもらえるので、大変ながらも楽しんで仕事が出来ています。
仕事が面白そうと思えるかどうか?自分にあった企業を見つけるためにも、条件面だけでなく仕事の内容をよく把握しましょう。私の場合は選考中に先輩社員に会う機会があり、とにかく思いついたことは全て質問し、疑問が無い状態で入社出来ました。
せっかくの仕事選び、面白そうな会社で働きませんか?

INTERVIEWEE