スマートフォン版IR情報メニューを表示

IR情報

  1. HOME
  2. IR情報
  3. 社長メッセージ
このページを印刷する
閉じる
印刷する

社長メッセージ

代表取締役社長 牧野 研二、「健全かつ強い体質で永続的に発展する会社」を目指して邁進してまいります。


 株主・投資家の皆様には、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
 当社は1961年の創業以来、一貫して自動包装機械の専門メーカーとして、常に「創造と挑戦」をモットーに、人の生活にかかわるあらゆる分野の商品を「安全に、清潔に、やさしく」包む技術開発に取り組んでまいりましたが、今後も、伝統の技術と最新のテクノロジーを土台に、包装システムのトータルプランナー企業として、さらなる発展を遂げていきたいと考えております。
 当社は、2003年12月にJASDAQ市場に上場し、上場企業としての内部管理体制の充実化を図るとともに、コーポレート・ガバナンスの一層の強化に取り組んでおります。
 現在、第5次中期経営計画(2018年7月期〜2020年7月期)を推進中でありますが、海外事業の拡大とグループ会社間の事業連携を重要課題として、この中期経営計画の達成に向けた施策の強化を図り、業績の向上と企業価値の向上に向け、一層の努力を続けてまいります。
 また、株主・投資家の皆様のご期待に添えるように、「健全かつ強い体質で永続的に発展する会社」を目指して邁進してまいる所存でございますので、今後とも一層のご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2017年7月期 業績について

1. 業績概況
◆2017年7月期より連結決算へ移行
買収費用の影響等により、増収・減益(前期非連結比)

 当社グループは海外事業の強化、ソリューションビジネスの拡大に取り組んでまいりました。
 また、事業領域の拡大のため、食品製菓機械メーカーのオサ機械株式会社の完全子会社化を実施しました。
 当社の損益(個別業績)につきましては、国内市場の設備投資需要の増加と海外事業の強化の効果により、過去最高の売上高を達成するとともに、経常利益及び当期純利益は5期連続の増益となりました。
 企業集団の損益(連結業績)につきましては、オサ機械株式会社の子会社化にあたって、株式取得にかかる費用を販売費及び一般管理費に計上したことから、経常利益並びに当期純利益は個別業績に対し減益となりました。
 当連結会計年度の売上高は6,651百万円、営業利益は293百万円、経常利益は297百万円、親会社株主に帰属する当期純利益は188百万円となりました。
 なお、当連結会計年度より連結計算書類を作成しているため、前連結会計年度との比較は記載しておりません。
 セグメント別の業績は次のとおりであります。
 なお、当連結会計年度より、報告セグメントとして記載する事業セグメントを従来の単一セグメントから、「包装機械」と「生産機械」の2つのセグメントに変更しています。
 @包装機械事業
   主力の給袋自動包装機を中心に売上高は5,724百万円、営業利益は370百万円となりました。
 A生産機械事業
 大型プラント案件を中心に売上高は927百万円、営業損失は0百万円となりました。

2. 今後の見通し
◆2018年7月期は、買収費用の影響が無くなることから、増収・増益を予想
 48百万円(0.7%)増収、62百万円(21.0%)経常増益

 当社グループが属する包装機械業界及び食品機械業界におきましては、需要業界から多様かつ高度なニーズへの対応がより強く求められており、業界を取り巻く環境の変化はますます激しくなってきております。
 このような状況のもと、当社グループといたしましては、海外事業の拡大とグループ会社間の事業連携強化に取り組み、業績の向上を目指してまいります。
 2018年7月期の連結業績予想といたしましては、売上高6,700百万円(前期比0.7%増)、営業利益358百万円(前期比22.0%増)、経常利益360百万円(前期比21.0%増)、親会社株主に帰属する当期純利益240百万円(前期比27.1%増)を予想しております。

2017年9月

■関連ページへリンク

このページのトップへ